青式手記

8割捌け口。
2割駄文。

別日何易会日難
山川悠遠路漫漫
鬱陶思君未敢言
寄声浮雲往不還
(曹丕 燕歌行 其二)
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< タイトルなし。 | main | 本とかの好みの話 >>
# 読む

好きな文体苦手な文体というものがあって本を読むときの基準の一つになっている。
大抵の場合「この人の書く文章は好きだ」とまずなるのでお気に入りの作家というものがある。

この前、最近注目してる人の著作(小説)を図書館で見かけたので手にとってみた。
何となく読み進めにくくて借りるのはやめてしまった。
何となくあとがきだけ見てみたらそっちは普通に読めた。むしろ何となく好みの文章だった。

同じ人でもエッセイとかは大丈夫(むしろ好き)で小説はなんだか読む気にならんという
自分にとっては割とレアケースに出会った気がした。
その人を嫌いなわけじゃないし逆にファンだし偏見とかはない。はず。何でだろうなあ。


関係ないがエッセイ、日記の類は結構好き。



最近は舞台とかコンサートにやたらと行きたくなる。

もっと早く火がついてればスマートモテリーマンのチケットも取れたはずなんだが。惜しい。

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:39 | category: 雑記 |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:39 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://re-blueform.jugem.jp/trackback/771
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
_
点取り
点取り占いブログパーツ
Search this site
Sponsored Links